忍者ブログ
.
気になる芸能界
芸能界の気になるうわさや、ニュースなどを配信。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ワンピースを読んで泣いた後だそうです。

なんかあどけなくて高校生みたいですね。

やはりモデルさん。

肌がとてもきれいですね。

PR
1位 松井珠理奈 14歳
2位 市川美織 17歳
3位 渡辺麻友 17歳
4位 峰岸みなみ 18歳
5位 多田愛佳 16歳
6位 宮澤佐江 20歳
7位 高橋みなみ  20歳
8位 島崎遥香 17歳
9位 宮崎美穂 17歳
10位 前田敦子 19歳

アンケート回答者たちがどうして
「処女そう」と思ったのかわからないが

少なくとも1位の松井珠理奈ちゃんは
年齢的にその確率は高そうである。

アイドルにとって男の影があるのは致命的だ。

現在付き合っている人がいなくても
過去に男性と交際していたことが発覚すると
芸能人生が終わりになってしまうことも……。

そう考えると、ここにランクインしたAKB48メンバーは
「男の影がない」という点において有利であり
清純派として末永くアイドルを続けていけるかもしれない……。


(ネタ元:ロケットニュース)



そんな劇的に変わったてはないですね。

売れっ子ですから毎日大変でしょうけど

頑張ってほしいです。

AKB48の総選挙がアジア各地でも同時中継されたが
中国でのメンバーの愛称が面白いと話題になっている。
阿醤、白菜、女王、馬玉玉、虎牙、って誰のこと・・・?

AKB48の総選挙の模様は、日本のみならず、台湾、香港、韓国の
映画館で同時生中継も行われたが

中国ではメンバーそれぞれの愛称が漢字に訳されて
新聞記事で紹介されていて、注目のほどがうかがえる。

例えば

前田敦子→阿醤
大島優子→栗鼠
渡辺麻友→麻友友もしくは馬玉玉
板野友美→虎牙
篠田麻理子→女王
小嶋陽菜→白菜
指原莉乃→沙喜
柏木由紀→天気姐姐

と言ったところだ。

この愛称の由来について
中国アイドル事情に詳しいライターに聞いた。

「まず、阿醤ですが
これは “あっちゃん” の読み方を漢字にしたものです。
豆板醤の読みの“ジャン”と同じ使い方ですね。

大島は日本で愛称 “こりす” を中国語にしたものだし
渡辺麻友の場合は、“まゆゆ” を漢字にしています。

板野の虎牙は、日本で言う “八重歯“ のことを指します。
また、中国では名前に菜とつくことがほとんどないため
小島は “白菜” になりました。

指原の場合も “さっしー” という読み方の当て字ですし
柏木に至っては、お天気お姉さんをしていたから
そのまま "天気姐姐" となったようです」

しかし、香港の総選挙ではランキング2位
台湾でも握手会を行うなど中華圏で人気の、まゆゆの愛称が

当て字とはいえ "馬玉玉" であることに
面食らっているファンも少なからずいるようだ。
(ネタ元:NEWSポストセブン)

嵐の二宮和也のお笑い好きは有名で
ナイナイの岡村らとよく飲み歩いているという。
だが、飲み会でトラブルを起こす芸人もいるとか・・・?

最近のテレビでは、SMAPより嵐の出番が多い。
出演オファーが殺到するのは、話芸が達者だからだという。

放送作家によると、一部の制作陣の間では
嵐を ”芸人殺し” と呼ぶものまでいるという。

中でも、メンバーの中で一番トークができると
評判なのが二宮和也である。

まさに芸人顔負けの二宮だが
お笑い芸人とよく飲み歩いているという情報がある。

中でもナイナイの岡村、ブラマヨの小杉、ペナルテティーのヒデらと
しょっちゅう一緒につるんでいるようだ。

民放関係者が、こんなことを明かす。

「ニノは、芸人らと飲んでいるうちに、自然とボケやツッコミを体得した。
いまや、ニノの前でつまらないことを言ったら、それこそド突かれますよ。
なんでも、自分のネタ帳があるといわれている。

だから、ジャニーズの後輩たちだって戦々恐々としている…。
たとえ顔が良くても、面白いことが言えないと
嵐マターの仕事は受けづらい状況です」

ところが、最近になってある困った問題が起こっているのだとか…。

「誰とはいいませんが、合コンで『ニノが来る』
と言っては女性に声を掛ける、心ない芸人がいるんです。
もっちろん、そんな席にニノは絶対に来ませんが…」

この話を伝え聞いたニノは、笑い飛ばしたていたそうだ。

ただ、事務所の関係者の耳にも入ったようで
頭を悩ませているという。

ニノが女性にモテモテなのは
ひょっとして、この芸人顔負けの巧みな話芸に
うっとりするのかもしれない。

(ネタ元:芸能ナックルズ)

“Xデー”と言われていた5月16日から、はや1カ月。
いまだ高城剛(46)との離婚問題を提出していないという
沢尻エリカ(25)が、そのストレスを爆発させていた。

6月上旬、数人の友人と飲んでいたときのことだった。

店内でたまたま「映画タイヨウのうた」で共演した
山田孝之(27)と出くわした沢尻は
ワインやシャンパンをどんどんとあけていく。

そして、すっかり泥酔した彼女は、英語で悪態をつき始めたのだ。

山田にたしなめられると、最後には

「私は、本当に失敗ができないの」
と弱気な “本音” を漏らす場面もあったという。

普段は平静を装っていても
やはり離婚ストレスは重くのしかかっているようである。

それにしても、英語で悪態とは…。

エリカのことだから、スラング混じりだったと思われるが
聞くに堪えないものだったに違いない。

劇団EXILEの春川恭亮が、ボクシングのプロテストを
受験することが20日、明らかになった。
役作りで始めたのだが、マジになったという・・・?

春川恭亮が俳優としての役作りのために
昨年から始めたボクシングだが、今や完全に本気モード。

芸能人初のプロデビューも視野に入れているという。

きっかけは事務所社長のHIROからの一言だった。

「格闘技をやるように」。

昨年12月に上演された舞台「ろくでなしBLUES」の
役作りのため、出演する劇団EXILEのメンバーには
格闘技を学ぶよう “業務命令” が下された。

「尾張のロッキー」と呼ばれた元世界王者がモデルとなっている
帝拳高校ボクシング部主将の畑中優太郎役を演じた春川は
その役柄に合わせて昨年11月に、ジムの門を叩いた。

幼い頃から野球、サッカー、バスケットボールなど
さまざまなスポーツを経験した運動神経抜群の春川だが

ボクシングを肌で感じていくうちに
「甘い世界じゃない。中途半端でやりたくない」
と本気で練習に打ち込むようになった。

そして、今年の春先には「プロテストを受ける」と決意。

4月からスタートしたスパーリングはすでに計100回を超えた。
週6日のロードワークでは最長10キロを走り
週5日のジムワークで基礎を固めてきた。

春川は「命が懸かっているスポーツ。受けるからには受かりたい」
と7月5日に控えるプロテストでの“一発合格”を誓った。

プロテスト受験の報告を受けたHIROも「本当に?」と驚きつつも
「ケガしないように頑張って」とエールを送った。

事務所関係者は
「本人が望むことであれば全面バックアップする」
と、サポートを約束している。

俳優・春川からファイター春川へ――。
イケメンすぎるボクサー誕生の瞬間は、すぐそこまで迫っている。

(ネタ元:スポニチアネックス)


プリクラの落書きで

こんなこと書いてしまうなんて…

だいぶビックリですね。

2人が入籍したのは2009年2月。

互いの所属事務所『研音』に事後報告したことで

大手プロダクションに背いたと
一時期は “芸能界追放” とまで騒がれた。

完全に“干された”状態の水嶋だったが
公に場に姿を見せたのはなんと文学作品の授賞式。

一部週刊誌は「受賞は八百長」と報じたが
『KAGEROU』は80万部超えの大ヒットとなり
マスコミの寵児となったことは、記憶に新しい。

その騒動から、さらに半年。
ここに降って沸いた『離婚危機報道』に疑問視する声もある。

確かに、あれだけの騒ぎを起こしておいて
あっさりと「やっぱり別れます」では済まないだろう。

それよりも、『研音』退社から約2年が経過し
ミソギが済んだという見方が現実味はある。

いよいよ、本格的に活動再開する両者の話題作りを
『離婚騒動』という形で仕掛けた、といのが筋書きだろう。

こんな話にも、疑いの目が向けられている。

プライベートについてはあまり知られていないが
絢香は Twitter で先日、今年はじめに
ニュージーランドへ旅行したことを明かしている。

水嶋も2月に出席した会見で
「先日まで新婚旅行に行っていました」と報告している。

おやおや、不仲による離婚が囁かれる夫婦なのに
わざわざ公の場で、新婚旅行の思い出話をするのだろうか。

なんとも、ツジツマの合わない話である。

2人の活動再開については、強力なブレーンが
バックアップについているという話もある。

以下、ワイドショーデスクの話である。

「絢香が研音を退社する際、担当していたレコード会社
『ワーナーミュージック』の社員も、同時に退社しています。

その人物は現在、水嶋と絢香の所属事務所の代表取締役。
2人の今後の戦略について、この人物がカギを握っているのは確かでしょう」

常にマスコミや世間を驚かせてきた水嶋。
スキャンダルまでも肥やしにしてしまうしたたかさで
次の一手を虎視眈々と狙っているに違いない。

(ネタ元:サイゾーウーマン)



あまり変装していないようですから

打ち上げかなんかでしょうね。

後ろに男の人も見えますしね。

それにしても、

山田優さんはどう思っているのでしょうかね。

<< Previous 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Next >>
ブログ内検索
最新記事
(08/16)
(08/16)
(08/13)
(08/12)
(08/12)
(08/12)
(08/12)
(06/28)
(06/27)
(06/27)
(06/27)
(06/27)
(06/26)
(06/24)
(06/24)
(06/24)
(06/24)
(06/23)
(06/23)
(06/23)
(06/22)
(06/22)
(06/22)
(06/22)
(06/22)
お断り
記事の引用に問題がある場合、お手数ですがご連絡いただければすぐに取り下げます。
カウンター
広告
フリーエリア
Copyright (C) アルベール All Rights Reserved.
Template design:Fomalhaut // Powered by NINJA TOOLS
[PR] 忍者ブログ // [PR]