忍者ブログ
.
気になる芸能界
芸能界の気になるうわさや、ニュースなどを配信。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2人が入籍したのは2009年2月。

互いの所属事務所『研音』に事後報告したことで

大手プロダクションに背いたと
一時期は “芸能界追放” とまで騒がれた。

完全に“干された”状態の水嶋だったが
公に場に姿を見せたのはなんと文学作品の授賞式。

一部週刊誌は「受賞は八百長」と報じたが
『KAGEROU』は80万部超えの大ヒットとなり
マスコミの寵児となったことは、記憶に新しい。

その騒動から、さらに半年。
ここに降って沸いた『離婚危機報道』に疑問視する声もある。

確かに、あれだけの騒ぎを起こしておいて
あっさりと「やっぱり別れます」では済まないだろう。

それよりも、『研音』退社から約2年が経過し
ミソギが済んだという見方が現実味はある。

いよいよ、本格的に活動再開する両者の話題作りを
『離婚騒動』という形で仕掛けた、といのが筋書きだろう。

こんな話にも、疑いの目が向けられている。

プライベートについてはあまり知られていないが
絢香は Twitter で先日、今年はじめに
ニュージーランドへ旅行したことを明かしている。

水嶋も2月に出席した会見で
「先日まで新婚旅行に行っていました」と報告している。

おやおや、不仲による離婚が囁かれる夫婦なのに
わざわざ公の場で、新婚旅行の思い出話をするのだろうか。

なんとも、ツジツマの合わない話である。

2人の活動再開については、強力なブレーンが
バックアップについているという話もある。

以下、ワイドショーデスクの話である。

「絢香が研音を退社する際、担当していたレコード会社
『ワーナーミュージック』の社員も、同時に退社しています。

その人物は現在、水嶋と絢香の所属事務所の代表取締役。
2人の今後の戦略について、この人物がカギを握っているのは確かでしょう」

常にマスコミや世間を驚かせてきた水嶋。
スキャンダルまでも肥やしにしてしまうしたたかさで
次の一手を虎視眈々と狙っているに違いない。

(ネタ元:サイゾーウーマン)

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Font color
E-mail
URL
Comment
Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret?
この記事へのトラックバック
トラックバック用URL:
ブログ内検索
最新記事
(08/16)
(08/16)
(08/13)
(08/12)
(08/12)
(08/12)
(08/12)
(06/28)
(06/27)
(06/27)
(06/27)
(06/27)
(06/26)
(06/24)
(06/24)
(06/24)
(06/24)
(06/23)
(06/23)
(06/23)
(06/22)
(06/22)
(06/22)
(06/22)
(06/22)
お断り
記事の引用に問題がある場合、お手数ですがご連絡いただければすぐに取り下げます。
カウンター
広告
フリーエリア
Copyright (C) アルベール All Rights Reserved.
Template design:Fomalhaut // Powered by NINJA TOOLS
[PR] 忍者ブログ // [PR]